e-dody のすべての投稿

着色直径13mm以下の小さめカラコン

赤や青などのカラコンはコスプレ目的で使う人もいるかと思いますが、ブラウン系などは普段使いの人が多いはずです。
カラコンは基本的には自分の黒目を大きく見せるために使うことが多いですが、小さめのカラコンを探している人がいます。
よくカラコンで黒目部分が目立ちすぎている状態を「宇宙人」といったりしますが、普通のカラコンだと宇宙人になってしまって悩んでいる人がいるのです。
もしそんな人がここを見ていたら↓のサイトを見てください。
>>http://xn--48jueof6a3u6bv756b.biz/
【カラコン小さめ|小さめのカラコンが買えるショップ】

サイトタイトルを見てもらえばわかる通り、小さめサイズのカラコンの専門サイトです。
個人的な見解としては着色直径13mm以下が小さめカラコンだと思うのですが、そのサイトで紹介されているフォーリンアイズのミニカラコンは何と着色直径12.2mmという極小サイズです。
着色直径12.2mmであればほとんどの人が宇宙人状態を脱することができるのではないでしょうか。
しかし着色直径12.2mmだと逆に「小さすぎる」という人もいるかと思います。
そういう人のために紹介されているのが通販ショップのモアコンタクトです。

モアコンタクトであれば着色直径を指定してカラコンを検索できます。
一発で自分に最適な着色直径を見つけ出すのは難しいと思いますが、サイズ違いでいくつか購入して試してみればジャストな着色直径が見つかります。
逆に言うと実際に試してみない限りはいくら頭で考えても意味がないです。

重要なのはレンズサイズではなく着色直径のサイズなので、そこを間違えずに自分に合ったサイズのカラコンを見つけてください。

黒髪女性のカラコン選び

昔はカラコンはギャルメイクとセットで使われることが多く黒髪でカラコンを使う人はあまりいませんでした。
しかし今は黒髪でカラコンを使う人も全然珍しくありません。
黒髪だとカラコンは似合わないのかなぁ?と思っている人もいるかもしれませんが全然そんなことはありません。
黒髪でハーフ系カラコンを使ってハーフっぽく見せることもできます。
では、黒髪の人がどういうカラコンを選べばいいのかというと下記の参考サイトに詳しく書かれています。
黒髪に似合うカラコンの色

上記参考サイトではなりたいイメージ別にカラコンの選び方やおすすめカラコンが紹介されています。
例えば柔らかな印象になりたければブラウン系のカラコンを選ぶことが推奨されています。
そしてブラウンは明るめのものより暗めのブラウンの方が無難です。

そして大人っぽく見られたい人にはグレー系のカラコンがおすすめです。
グレー系のカラコンも暗めのグレーを選ぶと失敗しにくいです。

カラコンで可愛いお人形さんのようになりたい人には黒コンタクトがおすすめです。
黒コンは宇宙人みたいに見えやすいので、メイクやファッションも重要になってきます。

ハーフ系カラコンについてですが黒髪だからこういうのを選ぶというような特別な基準は無くて、選び方としては3色トーンなどのグラデーションになっているカラコンを選びましょう。
そしてカラコンを付けると目にひまわりが咲いているように見えるカラコンもハーフっぽく見えます。

上記の参考サイトではおすすめのカラコン通販サイトとしてモアコンタクト、007速配コンタクト、フォーリンアイズが紹介されています。
カラコンはどこで買っても同じですし、使ってみるまで自分に合うかどうかはわからないので、品ぞろえの多い通販サイトを利用するのはおすすめです。
ただし、通販だと行政から認可されていない怪しげなショップも存在するので注意が必要です。
上記の3つのおすすめカラコンショップは認可済みの信頼できるショップなので大丈夫です。

10代向けの安くて可愛いレディースファッション通販サイト

10代女子が服を買うときに気になるのはやっぱり値段ですね。
女子中学生や女子高校生はもちろん大学生でも少しでも安い服を買いたいと思っているはず。
安いからと言ってダサいなんてことはありません。
安くても可愛い服はたくさんあります。
そういった安くて可愛い服は通販で買うのがおすすめです。
通販だと日本中のお店の中から選べますから選択の幅がリアル店舗とは違います。

ではどこのお店がおすすめなのかと言えば、それはズバリ「グレイル(GRL)」です。
メイン顧客層は10代~20代でまさに10代ならドンピシャのはずです。
めちゃくちゃ安いのにちゃんと流行を抑えた服を扱っていて人気のショップです。
ファッションに関して何か特別なこだわりが無ければまずはグレイルでお買い物してみるのをおすすめします。

ショップ内の「ルックブック」という特集ページではグレイルで販売されているアイテムを使ったコーディネート例が写真でたくさん紹介されています。
コーデにあまり自信がない人はそのまま真似してもいいですし、ファッション誌がわりに目を通しても面白いです。
モデルはちぃぽぽちゃんや坂本礼美ちゃん、藤田杏奈ちゃんなどなど・・・
着用写真を見ていると「このジャケットはだぼっと着たほうがが可愛く見えるんだな」とか「こういう色の合わせ方はおしゃれだな」とかいろいろと勉強になる部分が多いです。
やっぱりショップは可愛く見えるようにサイズや色などをちゃんと考えたコーデ例を提案していますからね。

というわけで10代向けの安くて可愛い通販サイトで一番おすすめなのはグレイル(GRL)です。
早速グレイル(GRL)でお買い物してみたい人、もっと他のお店も知りたい人は▼の特集サイトを見てください。
私が10代女子向けにさらに詳しくレディースファッション通販サイトについて書いた特集サイトです!
10代 安くて可愛いレディース服 通販

サンプル

 八十日の間、私と作家同盟、文新、「コップ」の同志との連絡は完全に絶たれ、外の様子は駒込署の中に押しこめられていた私に何一つ分らぬ。一ヵ月半ばかり経った時、作家同盟の木村好子さん、後藤郁子さんが折角面会に来て呉れたのに、留置場の私がそれを知ったのは翌日のしかも夕方でした。出て来てからそのときの話をきくと、まあ何と憎らしいことでしょう! 駒込署の高等係は、余り二人の同志が私に会わせろとガン張るのに閉口して留置場まで降りて行ったふりをし、私が「こういう場所では会いたくないから」と云ったと見えすいた嘘をついて到頭追いかえしてしまったのだそうです。私が何とかして会いたいと留置場の中で日夜願っている同志たちとはこういう細工をしてまで会わせず、会わせる者はと云えば、帝国主義官憲とグルになって、もう「コップ」の仕事はしないと云えなどとよくも恥しらずにすすめる奴らです。私はプロレタリア婦人作家として、プロレタリア文化のために働くことこそ命だと思っている。どうして対手になれよう! それらと闘いぬいて出て来ると、敵は何とかケチをつけるため、父親が一札を入れたおかげで出されたのだとか、あやまったからだとか「今回の検挙によって思想上に一転機を来した」から釈放されたとか、ブル新聞に書き立てさせる。文化活動者として私をわれわれの同志から、大衆から切りはなそうとする悪辣きわまるデマです。敵は、私を二年も三年も監禁する理由を発見し得なかったので、今度は体は自由でも仕事のやってゆけぬようにしようとする。

 細い流れがうねって引込んである。奥の植込みに、石南花が今を盛りに咲いていた。海、砂、五月の空、互になかなか美しい、もう一本目を牽く樹があった。すんなり枝を延ばし梢高く、樹肌がすべすべで薄紅のに、こちゃこちゃ、こちゃこちゃとかたまって濃緑、臙脂、ぱっとした茶色などの混った若芽が芽ばえ出している。ちょうど若葉の見頃な楓もあったが、樹ぶりが皆、すんなり、どちらかというと細めで素直だ。石南花など、七八年前札幌植物園の巖の間で見た時は、ずんぐりで横にがっしりした、まあ謂わば私みたいな形だったのに、ここで見ると同じ種類でもすらりとし、背にのびている。
 これは、別府でふと心づいたことだが、九州を歩いて見、どこの樹木でも大体本州の樹より細幹とでも云うのか、すらりと高く繊細な感じをもっているのは意外であった。勿論釣合の上のことで、太い大木だって在る。けれども決して、北国の樹のように太短くはない、太ければ太いだけ梢を高く高く冲している。それらが房々青葉をつけて輝いている。いかにも軽やかに、明るい。大分臼杵という町は、昔大友宗麟の城下で、切支丹渡来時代、セミナリオなどあったという古い処だが、そこに、野上彌生子さんの生家が在る。臼杵川の中州に、別荘があって、今度御好意でそこに御厄介になったが、その別荘が茶室ごのみでなかなかよかった。

 一九一四年の夏は、ピエール・キュリー街にラジウム研究所キュリー館ができ上ってキュリー夫人はそこの最後の仕上げの用事と、ソルボンヌ大学の学年末の用事とで、なかなか忙がしかった。フランスの北のブルターニュに夏休みのための質素な別荘が借りてあったが、彼女はパリが離れられなくて、まず二人の娘イレーヌとエーヴとを一足先へそちらへやった。お母さんであるキュリー夫人は八月の三日になったならばそこで娘たちと落合って、多忙な一年の僅かな休みを楽しむ予定であった。
 ところが思いがけないことが起った。七月二十八日に、オーストリアの皇太子がサラエヴォで暗殺された。世界市場の争奪のため、危機にあった欧州の空気はその硝煙の匂いと一緒に、急速に動揺しはじめた。キュリー夫人は土用真盛りの、がらんとしたアパートの部屋でブルターニュの娘たちへ手紙を書いた。
「愛するイレーヌ。愛するエーヴ。事態がますます悪化しそうです。私たちは今か今かと動員令を待ち受けています。」
 しかし戦争にならなければそちらへ行けるでしょうと約束した月曜には、独軍が宣戦の布告もせずに武力に訴えながらベルギーを通過してフランスに侵入した。
 パリの母は再び娘たちに書いた。